セフレ探し【エッチ目的で男女がセフレを作るアプリ保存版】

セフレ探しを効率的に進めていくためには、確実に近くで趣味や趣向に合わせてパートナーが見つかる出会い系アプリを使わないと意味がありませんので、検証した結果、会えるアプリをランキングにしています。

 

1位 ハッピーメール

総合評価:★★★★★


 

2位 PCMAX

総合評価:★★★★★


 

 

アプリで見つけたセフレは元風俗嬢

アプリで見つけたセフレは元風俗嬢出会い系アプリはエッチな女の子を探すために利用していますが、エロいセフレの恋人をついにゲットしました。

 

セフレ探しを効率的に進めていくためには、確実に近くで趣味や趣向に合わせてパートナーが見つかる出会い系アプリを使わないと意味がありませんので、検証した結果、会えるアプリをランキングにしています。
彼女もエッチが目的で利用していたので話は早く、待ち合わせも居酒屋でした。お互いを知るためにお酒を飲みながらエロトークをしましたが、彼女はこれまでセフレの恋人としか付き合った事がないそうで、年下は初めてだそうです。

 

実は彼女は元風俗嬢ということで、ソープやデリヘルなどの経験があると言います。
今は引退してOLをしているそうですが、最近はエッチをしていないのでムラムラしていたとの事。
まだテクニックは身についていると言うので体験させてくれるそうです。

 

我慢できずにホテルへ行くと彼女に先導されてシャワーを浴びます。おっぱいも大きくエロい体型に即勃起でしたし、シャワーを浴びながら彼女は僕の身体を隅々まで洗ってくれました。

 

ベッドに行くとローションを取り出し、僕の身体に塗っていきます。乳首攻めやアナル攻めまでしてくれて極め付けはチンぐり返しで舐めてくれます。さすが元風俗嬢で最高のテクニックです。

 

僕も負けじと彼女のアソコに吸いついて舐めまわしてあげます。
指が好きと言う事で潮吹きのやり方も教えてもらいました。
元風俗嬢のセフレの恋人は、僕にとっては最高のエロい彼女で毎回のエッチではいろいろなテクニックを教えてもらっています。
覚えた技は彼女に利用していますが、出会い系アプリで新しい女の子を見つけて実践したりもしています。
かなり女の子も喜んで虜になっているのでやめられません。
埼玉・26歳・男性・営業

 

アプリで出会った20歳の彼女をセフレにして性指導

僕の事をセフレの恋人と呼ぶ彼女は、出会い系アプリで知り合った20歳の女の子です。
30歳になる僕は彼女もいなかったのでアプリに出会いを求めました。
運よく知り合った子は若いのですが、年上というかオジサンが好みの様で何度もデートを重ねています。

 

彼女からすればセフレの恋人なのかもしれませんが、一緒に歩いているといかにも怪しい関係の二人です。
清純そうに見える彼女ですが、かなりのエッチ好きで2回目のデートでホテルで抱き合いました
。若い子の肌は潤いがあって柔らかく気持ちが良いんですよね。
見た目もロリ系で自分が変態オヤジのように思えて来ますが、彼女のフェラは気持ち良いので最高です。
あまり男性経験は無いと言うだけあってアソコもピンク色でキレイです。

 

まだまだ男を知らない彼女のために、オジサンが色々な技や体位を教えてあげています。
男の気持ち良いツボや騎上位の腰の振り方なども少しずつ教えてあげているので彼女もだいぶエッチが上手になりました。
嫌われるかなと思いましたが、セフレの恋人としてまだ付き合っていますし彼女も一生懸命僕に尽くしてくれます。

 

最近は僕のアパートに一緒に住むようになり、毎晩のようにエッチを楽しめるのでたまりません。日に日に自分好みの女の子へ成長していく彼女にもっと色んなエッチを教えて行きたいと思います。
最近はアナル開発にも力を注いでいてムスコがだいぶ入るようになってきました。まさかの出会いにアプリには感謝しかないですね。
福岡・30歳・男性・会社員

 

出会いアプリで会った女の子に懐かれセフレ関係と成りました

通勤電車で女子学生を見ている間に、私は若い女の子と付き合いたくなってしまいました。
そこで私は妻に隠れて、出会いアプリで若い女の子を探す事にしたのです。
出会いアプリの若い女の子は私の様なオジサンよりも、同世代の男の方が良いみたいで、中々声を掛けても会ってくれはしませんでした。
ところがとあるセフレ募集するアプリで見つけた女の子だけは、私の誘いに乗ってくれたのです。
彼女は遊び相手が居ないらしく、私を遊び相手としてあちこちに連れ回されました。
若い子が行くようなお店ばかりに連れ回されたので、正直面食らう事ばかりでしたが、若い女の子と一緒にあちこち歩き回るのは悪い気はしませんでした。
そんな事をしている内に彼女は私にどんどん懐いて来て、私にべたべたしてくるようになったのです。
若い子にべたべたされるのに慣れていなかった私は、彼女にべたべたされたらどうしたら良いか分からなくなり、鼻の下を伸ばしてにやにやするしかできませんでした。
そして彼女のべたべたが度を超す様になり、私たちは体の関係を持つに至ったのです。
ラブホテルでは裸になった私のちんちんを見た彼女は、私のちんちんを咥え、しゃぶりだしました。
まるでアイスキャンディーを舐めるように、私のちんちんを根元から先っぽまで舐めはじめたのです。
彼女の舐め方は妙に気持ち良く、私のちんちんはみるみるうちに大きくなってしまいました。
大きくなるにしたがって彼女の舐め方も激しさを増し、私のちんちんははちきれんばかりに大きくなったのです。
それでも彼女は舐める事はやめず、私は気持ち良さのあまり、彼女の口の中に出してしまいました。
それで乗った私は彼女をベッドに寝かせると、彼女の体の隅々まで愛し、そしてアソコに再び大きくなったちんちんを挿入して、また白い液体を吐きだしました。
私たちはこのエッチでセフレ同士となり、頻繁に会うようになったのです。

セフレである彼女は、この後更に私に懐いて来て、フェラだけでなくパイズリなどもしてくれ、私を喜ばせてくれます。
私は若い女の子をセフレに出来た事で、エッチを思う存分楽しめるようになったのです。
「北海道|30代|男性|会社員」